おうまいごっと!-コミュ障オタクは神ニート

舐めプしながら「人生」というクソゲーの完全制覇を目指すブログ

初対面でも会話に困らない!コミュ障だからこそ伝えられる気まずい雰囲気とおさらば出来る簡単な解決法(`・ω・´)その2

f:id:mizunokamisama:20180521012152p:plainこんばんわ~!!!!

カミサマです!

f:id:mizunokamisama:20180517010547p:plain

 

今日は昨日の続きを書いていくぞー!!

↓昨日の記事

mizunokamisama.hatenablog.com

 上の記事では

「他人に質問が出来るという前提」で話をしました!!!

 

でも

まず知らない人に話かけるのも無理、会話する以前。」って人用に

その2を用意しました!!!

f:id:mizunokamisama:20170910144519p:plain

実はこの初対面で話しかけるのも辛いってのは

精神的な原因があります。

 

なので頑張って無理矢理解決する!!!

みたいなごり押し方法は非常に難しいです。

 

気づいたら改善していたわw

くらいゆっくり解決していくべき問題です。

 

「どういうことや??」って人のために

カミサマの実体験を元にご説明しましょう。

 

 

カミサマのノンフィクションコミュ障ストーリー

 

~現実~

カミサマ「待ち合わせ場所ついたけど。。。あれは、Aさんかな。。。」

 

SNS

カミサマ「ついた、駅なう」

Aさん「あ、紺色の服に赤いバック持ってるの自分です!!」

カミサマ「オッケーです!探します!」

 

~現実~

カミサマ「あれでいいんだよね。。。ほんとに???」

「あああああああああああ、違ったらこわいよおおおおおお(´;ω;`)」

 

既に顔見知りのB「あれ、カミサマ何してんの?」

カミサマ「B(救世主)さん!いや、Aさんがわからなくて、、、」

 

B「あそこにいるじゃん?おーいA~~」

A「あ、B!っと・・・?」

 

カミサマ「アッ。。。ドウモ。。。カミサマです。。。」

(やっぱ合ってた)(小声)(自己嫌悪)

===================================

 

わかるか~????

てか、わかれ~!!!

 

で、このストーリーで何が言いたいの?

 で、何が言いたいの?って話ですけど

 

コミュ障にとっては 

相手に気安く話しかけることが

ギルティという認識なんですよ!

f:id:mizunokamisama:20180507215252p:plain

「相手が何かしてたらどうしよう。」

「別人で迷惑かけたらどうしよう。」

って感じで相手に干渉するのが怖いんです。

 

カミサマもそう思って生きてました。

 

極論

赤の他人にも嫌われないように生きているんです。

 

ただね、「そんなの気にしすぎやろ~」とか「そういう人嫌い」とか

よく言われがちなんで、元そういうタイプのカミサマにいわせてもらうと

 

こういう人達は、

好きで嫌われないようにしているんじゃない

といいたいです。

 

これらの人達は

人の顔色を伺いながらじゃないと

上手く生きてこれなかった人です。

 

その人達には間違いなく

「絶対に逆らえない存在」というものがあり

その人の機嫌は損ねてはならないという刷り込みがあります。

f:id:mizunokamisama:20180521010648p:plain

 

親なのか、上司なのか、教師なのか、いじめっ子なのかわかりませんが

嫌われないように機嫌を取らないと

精神的なダメージないし肉体的なダメージを負う恐怖の対象がいます。

 

それが長年続いてしまって

パブロフの犬じゃないですけど、

「顔色を伺って機嫌を取らなきゃいけない」って

思い込んじゃっているだけなんです。

 

だから心持ちさえ改善出来さえすれば、すぐに治すことが出来ます。

 

嫌われたくないという枷をはずそう

ただし、これは長年の蓄積による条件反射なので

改善するのは簡単じゃないです。

 

そもそも人自体が恐怖の対象になっているわけで

人と話すことを回避するのは当たり前なんですよね。

人間不信なんだから。

f:id:mizunokamisama:20180513032624p:plain

カミサマは「営業」という職につく事で

無理矢理「人と話す」環境に身をおいてこの問題を解決しました。

 

同じ事しろ!!!とは言わないですが

「人と話す」環境を作らない限りこのジンクスを解消することは出来ません。

 

なのでカミサマのオススメする解決案は

・コンビニで「お弁当暖めてください」とか「お箸ください」とか

 自分の要望を伝えてみる。

交通機関でジジババに席を譲ってみる。

・趣味があるならその趣味のオフ会に参加してみる。

 

とかここらへんから始めると良いと思います。

別に無理する必要は無くて少しずつ慣らしていくしかないです。

 

相手に拒否される可能性はほぼ無いと思いますが、

おそらく拒否られても、そんな大きなダメージはないはずです。

 

まずは「拒否られるかもしれない・・・」から

「思ったより拒否されないな」に意識を変えて

「拒否されても思ったほどではないな」になれば万事解決です。

 

きっとその頃には雑談までは出来ないにしろ、

プラス感情を相手に伝えられるようにはなるでしょう。

 

初対面の人に話しかける方法まとめ!

 

・初対面の人に話しかけられない理由はあなたのせいじゃない

・まずは話しやすい赤の他人と話す練習をしよう

・人は思ったより優しい

 

人は思ったより優しいです。

ほんとに。

 

怖がらなくていいんだよ。

ただのにんげんだもの

 

そういう人間不信にさせられた人が

社会に少しでも馴染めるようになったらいいなと

カミサマは思っています。

 

 というわけでなんかしんみりしてしまった記事でしたけど

今回はこのへんで締めます!!!!

 

またね!!!!☆(ゝω・)v